So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

スパコン凍結 [思ったこと]

文部科学省の「次世代スーパーコンピューター(スパコン)」開発事業が、行政刷新会議の事業仕分けで「事実上の凍結」だそうな。

文系連中には莫大な金を使う道楽か何かに見えるのでしょうか?

プロジェクトには例えばロケットの開発やスパコンの開発みたいに予算が付けばいつかは到達できるものと、金だけではどうにもならない芸術みたいな分野があると思います。
漫画だかの博物館を作るのは無駄だと思うし仮にそんなものを作っても面白い作品が出来るかとはあまり関係ないでしょう。
でも、予算が付かなければロケットが月に到達することはなかったし、チェスでコンピューターが人間を負かすことはなかった。スパコンの開発は紙と鉛筆があれば才能だけで勝負できるわけではなく、それを実現するためには幅広い領域での研究開発が必要ですし民間だけで出来るようなものではありません。

「1位を目指す必要があるのか」とか「海外から買えばいい」などの意見もあったそうですが。
うん?じゃあ日本は何をメイン武器に世界と戦ったりビジネスで売っていくんでしょうね。

まさか農業じゃあるまいし、観光やらが国を牽引する力はないでしょう。
結局今のところ科学技術を磨いていくしかないと思いますし、世界と競争するのは底上げに必要なことです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インフルエンザ [育児]

3連休・・・でしたが、2日目に子供が発熱したために急遽病院に行くことに。
生憎と休日で近所に適当な病院が無かったためにタクシーで青山の病院まで行ってきました。タクシー代で5K近くかかったのだが・・・
発病してから数時間しか経っていなかったので、キットは使わずに状況証拠的にタミフルを処方されました。おいおいそんな処方でいいのか?と思ったのですが、副作用のようなものはないとのこと・・・
インフルエンザかどうかは半信半疑でしたが翌朝にはあっさりと平熱になっていたので正解だったのでしょう。
そうなると自分も含めて他の家族に移ってる可能性がありますが、しばらくは様子を見る必要があるかと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Global 椅子取りゲーム [仕事]

世界規模で会社のどの機能をどこに置くのか・・・という議論を今更ながらやってるのですが、改めて考えると日本というのは結構微妙な存在な気がしますw

もちろん、現地のビジネスやそのサポート機能はある程度、現地の言葉で行う必要があるので日本にビジネスがある限りはなくなることは無いのですが、どこでやっても同じじぇね?というタイプの仕事についてはコストも高く、言語=英語も不得意な日本に拠点を置く意味はあまり無い気がする。
本来、アメリカとアジア各国が集まる分には地理的には東京はいい場所なんですけどね。アジアのHead Quarterを置く場所としては東京・シンガポール・香港あたりが定番だと思いますがバックオフィス機能を置く場所としては中国やインドが候補になるようです。安いのとある程度言語の問題をクリアできること、人材が豊富というのが理由になるのか。

いずれにせよ、こういう統廃合が予想される中では自分自身のポジショニングも非常に重要な気がします。異文化と上手くやっていけるかとか、面白い反面、今までに経験したことが無いような局面も今後出てくるのだろう。専門性だけで生き残れるようなものではないと思います。個人的にはアメリカ人と話すよりはやはり同じアジア人同士の方が英語を使うにしても、まだやり易いですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

冬のボーナス [仕事]

今年の冬のボーナスは経団連による調査が始まって以来の減少幅になる見通しだそうです。
総額でもバブル崩壊後十数年ぶりの低水準で、特に製造業はよろしくないとのこと。

私自身は日本企業で働いた経験もないのでなんとも言えませんが、外資系の場合年棒制&インセンティブが多いと思います。
最もインセンティブと日本企業でいうボーナスはあまり違いは無いのかもしれませんが。

いずれにせよボーナスは固定費を下げるための企業の知恵みたいなもんで、似たような仕組みで給与を低く設定して退職金でまとめて払うみたいなものもあります。
日本企業の場合昔は業績が右肩上がり且つ終身雇用を前提にしていた仕組みなので、不景気で企業の業績が悪くなると個人の財布を直撃する結果に。
年金制度もそうですが、昔作られた仕組みで破綻しているものは結構あるんじゃないかと思います。お金や既得権が絡むので見直すのは容易ではないのでしょうが、平均寿命などの前提条件が大きく変わってしまった制度を維持するために現役世代に負担を強いるのもおかしな話だと思います。

これから年末にかけて、冬のボーナス商戦を迎えますが、非常に厳しい状況になるのは間違いないかと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

変化への対応 [仕事]

不景気になると利益を出すための構造改革が必要などなどの名目で、社外的にも社内的にも変化が訪れると思います。本来は好不況に関係なく日々取り組むべきことなのかもしれませんが、危機感による後押しが要るのかもしれません。変化が判りやすい例では会社や組織の統廃合といったところでしょうか。
いずれにせよ、変化へ対応できない場合は会社も生き物も生き残ることが出来ないのは同様。

ご多分に漏れず、自分の勤務先でも今後数ヶ月色々と変化があるんじゃないかと思います。これはどうしようも無いことですが、個人的には変化を楽しむくらいの余裕をもてれば・・・と思います。
大した社会経験があるわけではありませんが、正しい方向を向いて地道に結果を出し続けることで道は開けると思っています。今まではそうでしたし、これからも通用すると信じたいところ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。