So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

これからの新人は大変だ [仕事]

あくまで一般論ですが、例えば間接部門などはルーチンワークや相対的に付加価値が低い業務をアウトソースしたり非正社員を活用する方向にあるのは間違いないと思います。
結果、正社員がやる仕事としてはより付加価値が高く、ありていに言えば難易度が高い仕事が残るわけだ。
じゃあ学校出たばかりの新人、正社員に出来るか?って言われると無理。
以前ならば単純作業といいつつもそれらの業務をこなしながら会社の仕組みを覚えたり、社内の色々な人との関係を築いて段々とステップアップするのですが、そういう社内的なキャリアパスってのが作りにくくなると思います。
漸く仕事を覚えてきたと思ったら辞めてしまうリスクもある新人を採って育成するよりも中途採用を重んじる会社は増えるでしょうね。
でも社会全体がそういう方向に動いてしまったら、誰が新人を育てるのか?

業務改善やアウトソースは推し進める一方、社内的な人材の育成・活用の施策も考えないといずれ行き詰まるかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

授業参観と生活発表会 [育児]

朝から上の子の授業参観と下の子の保育園の生活発表会に行くことに。
20100220b.JPG
同じ日になってしまいましたが、移動が15分ほどなので強引に両方はしごすることに。
結局授業内容はほとんど見る時間は無く、どういう雰囲気で普段預かっても貰ってるのかが判っただけという感じです。
いい友人と、先生に恵まれてるのだけはわかりましたw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戦利品 [思ったこと]

一日遅れですけど会社関係から。
例によって私の口には入らずお子様のおやつになります。
P1000597.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年35時間で効果があるわけ無いだろう [英語]

下の子供が発熱してしまいました。突発性なんとかじゃないか?と言われてますがまだなんともいえない。
先週から保育園に行っているので環境の変化によるストレスもあるのかもしれませんね。全然知らない人と合うわけで赤ちゃんとはいえ緊張すると思います。
そんなわけであまり外出は出来ませんでしたが、上の子供の英会話の保護者会のようなものがあったので参加してきました。

2歳くらい年上に混ざったクラスだったので、上手くやってるだろうか?と思っていましたが、話に聞く限りではちゃんと溶け込んでいるようです。
英語でのいろいろなゲームはやはり上級生には適わないらしく、先生が上手く配慮してある程度有利にしてくれてるのだとか。
そこで伺った話では2011年から文科省で「年」35時間の英語教育を義務付けるらしいのですが、年35時間ってw 少なすぎでしょう。意味があるのだろうか?
ちなみに港区では国際の名称で先行して始まっており、以前見学しましたが外国人の教師と数当てゲームのようなことをしていました。

40時間程度なら1週間位外国に旅行に行ったほうがよほど意味があるのではないでしょうか。時間的にも経験値的にも。
語学に関しては使わざるを得ない環境に身をおくのが一番早いんじゃないかと思います。
自分の場合はたまたま上司が外国人になったりして、やらざるを得ない事態になったのですが、結果的にその2年間は英語能力という点では大きく伸びたんじゃないかと思います。
早く始めると音が聞き取れるとかのメリットはあるのでしょうけど、それ以上に気持ちの上で追い込むことの方が重要な気がします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。